長崎市の学習塾/中学・高校受験対策/必ず伸ばします!どこよりもわかりやすく親身な指導 進学塾興学館

学習指導要領国語

####新学習指導要領もくじ?へもどる

学習指導要領

国語

画像の説明

国語は、他の教科と比べると、
比較的授業時数の変更はありません。
ただし、
中2で授業時数が増えていることは
見過ごせません。
なお、授業に関しては、
現状とほぼ変わらず週3回ペースになるようです。




教科書の変化 

画像の説明

ページ増加率
  光村図書 中1  117.6%
       中2  118.4%
       中3  111.8%
      増加率平均 15%   

  教育出版
      増加率平均  6% 
  三省堂
      増加率平均 89%



 国語は文章の題材からして大きく変わります。

<光村図書学習材一覧>
・森鴎外「高瀬舟」、太宰治「走れメロス」、夏目漱石「坊ちゃん」
 といった文豪
・井上ひさし「握手」、向田邦子「字のないはがき」、伊集院静「さつき」
 といった現代作家
・「古今和歌集」、「おくの細道」、「論語」、「枕草子」、
 「平家物語」、「徒然草」、「竹取物語」といった古典
・新川和江「わたしを束ねないで」、谷川俊太郎「春に」、
 工藤直子「野原はうたう」といった詩人

と、幅広い分野の作品がたくさん掲載されています。
また、全体的に取り扱っている文章自体が長くなっている印象があります。
他にも、
「グループディスカッション」「プレゼンテーション」「パネル・ディスカッション」といった言語活動の内容もふんだんに盛り込まれており、人前で発表する機会が増える授業となりそうです。

漢字については、常用漢字の数が2,100 字を超え、新常用漢字も数多く加わりました。

常用漢字・単元系統一覧表の詳細は ↓こちらから

 今回の改訂の目玉はたしかに理数系教科ですが、その理数系の問題を読み解くためには、国語力向上が必須です。公立中高一貫校の入試の基本も読解力・分析力です。

近年、語彙力のない子供たちが増えています。
インターネットや携帯文化が普及していますが、やはりたくさん本を読み、自分の手で
漢字を書き、本当の日本語に触れておくことはとても重要だと感じます。

教科書の改訂ポイント

客観的・分析的な読み方の重視

表現や論の展開などを「批評的に」読むことを重視
・小説
  「表現や言葉の選択を批評する」
  「時代背景を意識する」
・論説文
  「論の展開を批評する」
  「筆者の立場を意識する」

    「自分の意見を持つ」
    「読書活動につなげる」

伝統的な言語文化

「伝統的な言語文化」の代表として古典・近代文学を扱う
・古典
  各作品をきっかけに、時代背景や筆者の考え方を学ぶ
・近代文学
  代表的な近代作家の作品に触れ、それをきっかけに読書へとつなげる
・代表的な作家・作品を取り上げ、時代背景の理解や、筆者のものの見方・考え方への
 批評を学ぶ

改訂常用漢字について

平成22年改訂「常用漢字表」
  1,945字 → 2,136字
  (例)地 名   茨・栃・岡・奈・媛・熊・阪・埼・阜・梨・畿
     よく使う  俺・誰・挨拶・宛
     画数が多い 鬱・彙
主な常用漢字を文や文章の中で使い慣れることを目指す

196字追加
「書き」の指導については変更はありませんが、「読み」の指導については、
追加された196字のうち、中1、2で50〜100字、残りを中3に
それぞれ割り振られます。

今求められている客観的・分析的読解力を身につける

・内容や表現の仕方を客観的・分析的に批評する
・作品を通じて自分の意見を持つ

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional